プロフィール

Author:terummy
ヤマモトです。書をいろんな形で表現していきたいと思っています。

●東洋書芸院  審査同人
●産経国際書会  審査同人
●広島県水墨作家協会  理事
●広島芸術学会 
●中国新聞文化センター 講師
●「ひとふで」主宰

2008年 NYにて個展
2009年パリ 文化イベントに参加 美術館にて揮毫

【 NHK広島 ひるまえ直送便 】放送中
『ひるまえ川柳』で選ばれた特選句を書いています♪

【広島ホームテレビ】
谷原章介がせまる『秀吉が愛した武将茶人』のタイトル文字



⇒お問い合わせ・ご注文はこちらから!
(大小作品、題字、商品ロゴなど何でもおたずね下さいませ!)

こちらでのメールで返信がない場合、お手数ですが、名前花のサイトよりお越しくださいませ。受信されない場合があるようです。




『名前花』 (←HPはこちらから)

あなたの名前の花が咲きます!
お問い合わせの多い『名前花』のHPを作りました!どうぞお越し下さいませ。





>> こんな仕事をやってます!



【これまで】
中国新聞月曜日『洗心』のコーナーに歌人谷村はるかさんの旅に合わせて墨のイラストを描かせていただきました。全50回の掲載。
ご覧いただきありがとうございました。

『ひろしまラジオマップ花』
RCCラジオ開局60周年を記念して始まった『ひろしまラジオマップ』に『名前花』を書かせていただきました♪

最新記事

翻訳

お問い合わせは日本語でお願いいたします。

月別アーカイブ

リンク

QRコード

QRコード

先生の書に抱かれて!


moblog_d9974208.jpg


夏と秋の雲が混在する空。高速に乗って貸切バスツアー。

先生の17回忌と作品展でふるさとのお寺へ。


moblog_ee31e61b.jpg

先生の存在はますます大きくなるばかり。

moblog_d7d26053.jpg

moblog_13b358d9.jpg

moblog_66490c77.jpg

moblog_24b8629c.jpg

古典を学ばれ前衛書の世界を切り拓いたパイオニア竹澤 丹一。
当時は書を自由に書く風潮はほとんどなく誤解も非難もたくさん。
それでも道を拓いた一人。
出来た道を辿る私たちとは覚悟が違う。

書はきびしくて大らかで清らかであたたかい。
先生はすでに歩みを止めていらっしゃるはずなのに距離は縮まるどころか・・・



華やかでいて優しく寄り添う花は三男 美術評論家 竹澤雄三先生奥様 和先生(草月流)のもの


先生を慕う方が集まり、一番身近で学ばれた太陽社代表 世木田照彦先生のユーモア溢れた懐かしいお話を伺い法要としても学びとしても最高にいい時間となりました。
先生には到底追いつけない私ですが志だけは持ち続けたいと願っています。

先生 やっぱりかっこいいわ!


再び高速。
天気に恵まれた今日を感謝しつつ。


サービスエリアで必ず食べたくなるものは〜

moblog_59e1fc43.jpg

ソフトクリーム!

今日のはちょいアート??? おいし。

心が晴れた1日。





<< こがね食堂の夜! | ホーム | 縮景園で打ち合わせ! >>


 BLOG TOP