プロフィール

Author:terummy
ヤマモトです。書をいろんな形で表現していきたいと思っています。

●東洋書芸院  審査同人
●産経国際書会  審査同人
●広島県水墨作家協会  理事
●広島芸術学会 
●中国新聞文化センター 講師
●「ひとふで」主宰

2008年 NYにて個展
2009年パリ 文化イベントに参加 美術館にて揮毫

【 NHK広島 ひるまえ直送便 】放送中
『ひるまえ川柳』で選ばれた特選句を書いています♪

【広島ホームテレビ】
谷原章介がせまる『秀吉が愛した武将茶人』のタイトル文字



⇒お問い合わせ・ご注文はこちらから!
(大小作品、題字、商品ロゴなど何でもおたずね下さいませ!)

こちらでのメールで返信がない場合、お手数ですが、名前花のサイトよりお越しくださいませ。受信されない場合があるようです。




『名前花』 (←HPはこちらから)

あなたの名前の花が咲きます!
お問い合わせの多い『名前花』のHPを作りました!どうぞお越し下さいませ。





>> こんな仕事をやってます!



【これまで】
中国新聞月曜日『洗心』のコーナーに歌人谷村はるかさんの旅に合わせて墨のイラストを描かせていただきました。全50回の掲載。
ご覧いただきありがとうございました。

『ひろしまラジオマップ花』
RCCラジオ開局60周年を記念して始まった『ひろしまラジオマップ』に『名前花』を書かせていただきました♪

最新記事

翻訳

お問い合わせは日本語でお願いいたします。

月別アーカイブ

リンク

QRコード

QRコード

文武両方?

美術館⇨運動⇨再び美術館の1日。
美術鑑賞と運動が両方かなう日はとても気持ちいい!
どちらにも動けない重たい?日ももちろんあります。

日曜美術館で作庭家『 重森三玲 』を見た後、ワイドナショーを我慢してひろしま美術館へ。

moblog_edf213b7.jpg

雪舟について岡原先生と三桝先生と古谷学芸部長さんの座談会がありました。
以前は水墨作家協会でご一緒させていただいていた岡原先生。久々にお話聞きましたがやっぱり面白い!
雪舟はあまり好きではない、でスタート。詳しい解説の合間に毒気とユーモアたっぷりです(*^^*)
もし40代で亡くなっていたら無名だっただろうとか、何故京都から山口へ行ったのかとか、右利きか左利きかとか・・・
終始穏やかな三枡先生と対照的でどちらの話にも引き込まれます。時間があっという間に過ぎました。

五月五日のこどもの日には小学生の『こども館長』が雪舟についても自分の視点でみんなを案内してくれたようです。その時に「雪舟は左利きではないかと思います。」と話したらしいのです。
彼が言うには「何故なら雪舟の絵の多くの人物は右を向いているから。」おお!確かに右利きには左向きの顔が描きやすいですよね。雪舟の本物と模写についても「模写の方がうまいと思います。なぜなら〜」と根拠も示したとのこと。面白い視点です!こちらも行けたらよかったなと思いました。
           
雪舟について知ってるつもりでいましたが、涙で描いたねずみの話と天橋立と・・・
やっぱりあまり知らないのでした。

レオナルド・ダヴィンチとほぼ同じ時代の人だったってご存知ですか?

ひろしま美術館の部長さんからは少し自虐的なメッセージ
「これだけの品!東京なら行列ですがここならゆっくり見れますよ!」
そうそれが広島。(笑)


それにしてもいい季節。

moblog_8dffdc5d.jpg

ひろしま美術館の周りも緑がいっぱい。

moblog_b273d323.jpg

風はそよそよ〜〜〜

moblog_f9dfad9e.jpg

moblog_c25826d4.jpg

木漏れ日もきれいだし

moblog_648440ab.jpg

出てきてよかったなあ。

moblog_1e09b70f.jpg

帰りに欲しかった本を買って。
篠田桃紅さん著 『 103歳になってわかったこと 』
後はゆっくり。

五月のいい日曜日でした。

<< とめられない! | ホーム | 『 酒 』 の前掛け出来ました! >>


 BLOG TOP