プロフィール

Author:terummy
ヤマモトです。書をいろんな形で表現していきたいと思っています。

●東洋書芸院  審査同人
●産経国際書会  審査同人
●広島県水墨作家協会  理事
●広島芸術学会 
●中国新聞文化センター 講師
●「ひとふで」主宰

2008年 NYにて個展
2009年パリ 文化イベントに参加 美術館にて揮毫

【 NHK広島 ひるまえ直送便 】放送中
『ひるまえ川柳』で選ばれた特選句を書いています♪

【広島ホームテレビ】
谷原章介がせまる『秀吉が愛した武将茶人』のタイトル文字



⇒お問い合わせ・ご注文はこちらから!
(大小作品、題字、商品ロゴなど何でもおたずね下さいませ!)

こちらでのメールで返信がない場合、お手数ですが、名前花のサイトよりお越しくださいませ。受信されない場合があるようです。




『名前花』 (←HPはこちらから)

あなたの名前の花が咲きます!
お問い合わせの多い『名前花』のHPを作りました!どうぞお越し下さいませ。





>> こんな仕事をやってます!



【これまで】
中国新聞月曜日『洗心』のコーナーに歌人谷村はるかさんの旅に合わせて墨のイラストを描かせていただきました。全50回の掲載。
ご覧いただきありがとうございました。

『ひろしまラジオマップ花』
RCCラジオ開局60周年を記念して始まった『ひろしまラジオマップ』に『名前花』を書かせていただきました♪

最新記事

翻訳

お問い合わせは日本語でお願いいたします。

月別アーカイブ

リンク

QRコード

QRコード

五年生からの手紙!

moblog_572d367d.jpg

少し遅れて五年生からの手紙をいただきました。
三年生、四年生と一文字を書いた書き初めでしたが、急に今年から長半紙になったので大変だったと思います。
担任の先生のご指導のもと手紙はとても丁寧な言葉で書かれてあります。

二時間続けて書いたので、疲れて途中で諦めそうになっていた生徒が最後に頑張って書き切ってくれました。
細くて自信がない線が一画、素晴らしい線質となりました。
書けるんだなあと思い「この線を忘れないでね。これから先も書けるから。」と言いました。

教えるというより何かを見つけてあげたい。
手紙の中には「教えていただいた大切なことを注意しながらきれいに書きたいです。」とあり、私もはっと気付かされます。
大切なことを注意しながらやろう、と。

シンプルな事だけど

ずっとその連続なのかも。

「先生のじゅぎょうから習字の勉強が大好きになりました。年に一度の先生の習字をぼく達は心から楽しみにしていました。」「字もきれいになっただけでなく習字のおもしろさを教えてくれました。」

手紙というものは本当に嬉しいものです。
授業中はみんな一所懸命書いているのでこんな気持ちを持っていてくれるなんてわからないのです。
言葉によって私以上の私になってますね・・・

みんな手紙をありがとう!
大切にします。




<< 紙が生まれるところ! | ホーム | 春の訪れ! >>


 BLOG TOP