プロフィール

Author:terummy
ヤマモトです。書をいろんな形で表現していきたいと思っています。

●東洋書芸院  審査同人
●産経国際書会  審査同人
●広島県水墨作家協会  理事
●広島芸術学会 
●中国新聞文化センター 講師
●「ひとふで」主宰

2008年 NYにて個展
2009年パリ 文化イベントに参加 美術館にて揮毫

【 NHK広島 ひるまえ直送便 】放送中
『ひるまえ川柳』で選ばれた特選句を書いています♪

【広島ホームテレビ】
谷原章介がせまる『秀吉が愛した武将茶人』のタイトル文字



⇒お問い合わせ・ご注文はこちらから!
(大小作品、題字、商品ロゴなど何でもおたずね下さいませ!)

こちらでのメールで返信がない場合、お手数ですが、名前花のサイトよりお越しくださいませ。受信されない場合があるようです。




『名前花』 (←HPはこちらから)

あなたの名前の花が咲きます!
お問い合わせの多い『名前花』のHPを作りました!どうぞお越し下さいませ。





>> こんな仕事をやってます!



【これまで】
中国新聞月曜日『洗心』のコーナーに歌人谷村はるかさんの旅に合わせて墨のイラストを描かせていただきました。全50回の掲載。
ご覧いただきありがとうございました。

『ひろしまラジオマップ花』
RCCラジオ開局60周年を記念して始まった『ひろしまラジオマップ』に『名前花』を書かせていただきました♪

最新記事

翻訳

お問い合わせは日本語でお願いいたします。

月別アーカイブ

リンク

QRコード

QRコード

第31回 産経国際書展 と お芝居のお知らせ!

moblog_3f3142bd.jpg


本日9月30日から10月 5日 まで広島県立美術館の地階ギャラリーにて開催。

私は10月3日の受付をしています。
入場料は無料です。帰りに隣の縮景園も気持ちいいと思います。ぜひお出かけ下さいませ。



そしてこちらもご紹介。

10月 2日から5日の間 縮景園の茶室清風館では『いちえプロジェクト』によるお芝居があります。
岩井志麻子作の『ぼっけえ、きょうてえ』(とてもこわい、の岡山弁)
茶室でホラー?夜の回がオススメだそうですよ。

moblog_2cf05e2c.jpg


演出は東京の文学座高瀬久男さんです☆

★いちえプロジェクト第2回公演「ぼっけえ、きょうてえ」
作:岩井志麻子
演出:髙瀬久男
出演:竹元恵美子
音楽・演奏:加藤健一

◇公演日時
2014年10月2日(木)19:00開演
3日(金)19:00開演
4日(土)14:00開演/19:00開演
5日(日)14:00開演/17:00開演
*開場は開演の30分前となります。

◇会場:広島県縮景園 清風館【茶室】
◇料金 前売:2,800円 当日:3,000円(日時指定・全席自由・消費税込み)
*本公演のチケットで縮景園にご入場いただけます。

◇岩井志麻子原作、日本ホラー小説大賞、山本周五郎賞受賞作!
時は明治、所は津山遊郭、女郎が己の過去を語る一夜のお話。
ホラーを超えて、日本の村社会や気質ならではの哀しみや痛みの先に、
それでも生きる逞しさを見せてくれる。
そんな深みある作品です。



以前 いちえプロジェクト様のロゴを名前花で書かせていただきました!
印刷物のどこかに小さく出ているかもしれません。
探してみて下さいね!


それでは良き秋の日を!!




<< 産経国際書展 終了! | ホーム | 家族の花! >>


 BLOG TOP