プロフィール

Author:terummy
ヤマモトです。書をいろんな形で表現していきたいと思っています。

●東洋書芸院  審査同人
●産経国際書会  審査同人
●広島県水墨作家協会  理事
●広島芸術学会 
●中国新聞文化センター 講師
●「ひとふで」主宰

2008年 NYにて個展
2009年パリ 文化イベントに参加 美術館にて揮毫

【 NHK広島 ひるまえ直送便 】放送中
『ひるまえ川柳』で選ばれた特選句を書いています♪

【広島ホームテレビ】
谷原章介がせまる『秀吉が愛した武将茶人』のタイトル文字



⇒お問い合わせ・ご注文はこちらから!
(大小作品、題字、商品ロゴなど何でもおたずね下さいませ!)

こちらでのメールで返信がない場合、お手数ですが、名前花のサイトよりお越しくださいませ。受信されない場合があるようです。




『名前花』 (←HPはこちらから)

あなたの名前の花が咲きます!
お問い合わせの多い『名前花』のHPを作りました!どうぞお越し下さいませ。





>> こんな仕事をやってます!



【これまで】
中国新聞月曜日『洗心』のコーナーに歌人谷村はるかさんの旅に合わせて墨のイラストを描かせていただきました。全50回の掲載。
ご覧いただきありがとうございました。

『ひろしまラジオマップ花』
RCCラジオ開局60周年を記念して始まった『ひろしまラジオマップ』に『名前花』を書かせていただきました♪

最新記事

翻訳

お問い合わせは日本語でお願いいたします。

月別アーカイブ

リンク

QRコード

QRコード

花子とアンより!

moblog_f2a57d54.jpg

「赤毛のアン」を読むはずが、第5作目の「アンの夢の家」を買ってしまい読破出来なかった小学生の夏休み。

いつもは図書館で借りて読み、滅多に本を買うことなんてないのにたまに買ったのがこれであった。

もうアンは大人になっていた。

いつまでも本棚に輝き

あの翻訳家の名前は覚えている。村岡花子。




連続ドラマ『花子とアン』

見たい見たいと思っていても連続ものをなかなか見れず・・・で、総集編ありがたいです!
ついに見ることが出来ました。

何だか頻繁に「ごきげんよう。」と言われても何のこっちゃ?でした(笑)
吉高さんいいなあ♪

いろんな台詞がある中

卒業式で先生が餞の言葉に「この学校で暮らしたあの頃は良かったと思うのでは、この学校で教えたことは失敗です。」と語った上で「人生は進歩です。最上のものは過去でなく将来にあるのです。」と締めくくるのがぐっときました。

・・・将来がある。若い人にだけあるようだが、私にだってある。

「いつだって今までの人生よりこれからの人生の方が長いんだよ。」と言った年上の人の事を思い出す。

昔の栄光を語るのはいよいよ最期。
それまでは小刻みでも明日!明日!といく。


<< 祝10周年! | ホーム | 惹かれる顔! >>


 BLOG TOP