プロフィール

Author:terummy
ヤマモトです。書をいろんな形で表現していきたいと思っています。

●東洋書芸院  審査同人
●産経国際書会  審査同人
●広島県水墨作家協会  理事
●広島芸術学会 
●中国新聞文化センター 講師
●「ひとふで」主宰

2008年 NYにて個展
2009年パリ 文化イベントに参加 美術館にて揮毫

【 NHK広島 ひるまえ直送便 】放送中
『ひるまえ川柳』で選ばれた特選句を書いています♪

【広島ホームテレビ】
谷原章介がせまる『秀吉が愛した武将茶人』のタイトル文字



⇒お問い合わせ・ご注文はこちらから!
(大小作品、題字、商品ロゴなど何でもおたずね下さいませ!)

こちらでのメールで返信がない場合、お手数ですが、名前花のサイトよりお越しくださいませ。受信されない場合があるようです。




『名前花』 (←HPはこちらから)

あなたの名前の花が咲きます!
お問い合わせの多い『名前花』のHPを作りました!どうぞお越し下さいませ。





>> こんな仕事をやってます!



【これまで】
中国新聞月曜日『洗心』のコーナーに歌人谷村はるかさんの旅に合わせて墨のイラストを描かせていただきました。全50回の掲載。
ご覧いただきありがとうございました。

『ひろしまラジオマップ花』
RCCラジオ開局60周年を記念して始まった『ひろしまラジオマップ』に『名前花』を書かせていただきました♪

最新記事

翻訳

お問い合わせは日本語でお願いいたします。

月別アーカイブ

リンク

QRコード

QRコード

ミフネの背中!

moblog_85499f6d.jpg

サロンシネマに三日通う。もう無茶はしない。一日一本。

そのうち二つは黒澤明特集「天国と地獄」「酔いどれ天使」。

ああ、面白い!!銀幕部長に耳を傾けただけ存分に楽しめた!!

「天国と地獄」は絶対映画館がいい。

三船敏郎、仲代達矢、山崎努の三本柱に脇を固める名優たち。なんという贅沢!

そして香川京子の首筋が状況の明暗を物語っている。

画面端の所作にさえ意味がある。

いい映画を観ると弾みがつく。他のも観たくなる。

そして逆もあるから離れてしまう。

続けて翌日「酔いどれ天使」を観た。


moblog_4396c806.jpg


「天国と地獄」より15年早いこの映画の中ではもう三船がカッコイイ!!の一言なのだ。

ヤクザの三船に惚れてしまう。

こんな背中どうする?背中の筋肉が美しくて・・・!

久々にときめいて鷹野橋から紙屋町をずんずん歩く。

映画の余韻が全身を包んでいる。

そのせいか周りの現実が無音のように感じる。

この余韻も映画館ならでは。

惚れるって幸せ。


moblog_e03ca12f.jpg


moblog_e59d9fc0.jpgサロンシネマの半券に素敵な言葉を見つける

「映画は魔法の絨毯彼方に飛べる」



<< 今年初の蝉の声! | ホーム | ありがとう友よ!さらばサロンシネマ! >>


 BLOG TOP