プロフィール

Author:terummy
ヤマモトです。書をいろんな形で表現していきたいと思っています。

●東洋書芸院  審査同人
●産経国際書会  審査同人
●広島県水墨作家協会  理事
●広島芸術学会 
●中国新聞文化センター 講師
●「ひとふで」主宰

2008年 NYにて個展
2009年パリ 文化イベントに参加 美術館にて揮毫

【 NHK広島 ひるまえ直送便 】放送中
『ひるまえ川柳』で選ばれた特選句を書いています♪

【広島ホームテレビ】
谷原章介がせまる『秀吉が愛した武将茶人』のタイトル文字



⇒お問い合わせ・ご注文はこちらから!
(大小作品、題字、商品ロゴなど何でもおたずね下さいませ!)

こちらでのメールで返信がない場合、お手数ですが、名前花のサイトよりお越しくださいませ。受信されない場合があるようです。




『名前花』 (←HPはこちらから)

あなたの名前の花が咲きます!
お問い合わせの多い『名前花』のHPを作りました!どうぞお越し下さいませ。





>> こんな仕事をやってます!



【これまで】
中国新聞月曜日『洗心』のコーナーに歌人谷村はるかさんの旅に合わせて墨のイラストを描かせていただきました。全50回の掲載。
ご覧いただきありがとうございました。

『ひろしまラジオマップ花』
RCCラジオ開局60周年を記念して始まった『ひろしまラジオマップ』に『名前花』を書かせていただきました♪

最新記事

翻訳

お問い合わせは日本語でお願いいたします。

月別アーカイブ

リンク

QRコード

QRコード

三年生の『生』!

三年生は『生』

moblog_87bc031e.jpg

moblog_0dd32b11.jpg


moblog_5c4762c8.jpg


moblog_1502609b.jpg

moblog_d8571738.jpg

moblog_21549d56.jpg

短い時間で仕上げるので説明は一度きり。
それを輝く目で聞いてくれます。
協力して書くのでいいのが出来ると「おお!」と歓声が。
どんなのがいいのか感覚でわかるのがいいですね。
目の感覚を育てるのはとても大切だと思うんです。

「左利きだけど右手でうまく書けました!」
意外な声が聞けるのも嬉しい。
左利きの人を何とかしてあげたいといつも思うんですよね・・・。

最後になんと 5・7・5 で感想を一人ずつ!


習字をね 大きな筆で 書いたんだ 
太い筆 大きく書けて うれしいな


「心をあわせて書いた」という表現もあってびっくり

すごい三年生!! 

中国新聞に載ったこのクラスの男子の一句



習字はね 心をきたえる 時間だよ



むむむ!まいりました。


<< 天皇杯第19回ひろしま男子駅伝! | ホーム | 四年生の『志』! >>


 BLOG TOP