プロフィール

Author:terummy
ヤマモトです。書をいろんな形で表現していきたいと思っています。

●東洋書芸院  審査同人
●産経国際書会  審査同人
●広島県水墨作家協会  理事
●広島芸術学会 
●中国新聞文化センター 講師
●「ひとふで」主宰

2008年 NYにて個展
2009年パリ 文化イベントに参加 美術館にて揮毫

【 NHK広島 ひるまえ直送便 】放送中
『ひるまえ川柳』で選ばれた特選句を書いています♪

【広島ホームテレビ】
谷原章介がせまる『秀吉が愛した武将茶人』のタイトル文字



⇒お問い合わせ・ご注文はこちらから!
(大小作品、題字、商品ロゴなど何でもおたずね下さいませ!)

こちらでのメールで返信がない場合、お手数ですが、名前花のサイトよりお越しくださいませ。受信されない場合があるようです。




『名前花』 (←HPはこちらから)

あなたの名前の花が咲きます!
お問い合わせの多い『名前花』のHPを作りました!どうぞお越し下さいませ。





>> こんな仕事をやってます!



【これまで】
中国新聞月曜日『洗心』のコーナーに歌人谷村はるかさんの旅に合わせて墨のイラストを描かせていただきました。全50回の掲載。
ご覧いただきありがとうございました。

『ひろしまラジオマップ花』
RCCラジオ開局60周年を記念して始まった『ひろしまラジオマップ』に『名前花』を書かせていただきました♪

最新記事

翻訳

お問い合わせは日本語でお願いいたします。

月別アーカイブ

リンク

QRコード

QRコード

灯籠流し!

核兵器は「絶対悪」威嚇のために持つべきではない、と言い切った松井市長さんの平和宣言。リアルな被爆者の声を交えて世界に発信したすばらしいものだったと思います。こども平和宣言も立派でしたね。体も心も傷を受け体験談を封じ込めている被爆者の方はたくさんいらっしゃいます。あれから68年。被爆者の平均年齢は67歳。これから先、人伝になるとどうなるのかという課題があります。今まで活字にならなかったところに悲惨な真実もあるのでしょう。小さい頃見た平和資料館は怖くて足が遠のいていました。けれどここが怖くないという感覚は持ちたくありません。怖くて足が遠のいたとしても記憶に鮮明に残ることに意味がある気がします。あの日の罪もない被害者が私であり、あなたであり、自分の愛するものであるという感覚をたくさんの方が持つことが大事であり、それはどこの国の方も同じであると思います。敵とか味方とかではなく誰の上にも核兵器は使われてはいけないと思います。


灯籠に込められた様々な想い。


moblog_72b31fa6.jpg

moblog_4fd0631a.jpg

moblog_6d46ef55.jpg


moblog_be284029.jpg

祈りの夜です。


<< 島へ! | ホーム | 雨あがる! >>


 BLOG TOP