プロフィール

Author:terummy
ヤマモトです。書をいろんな形で表現していきたいと思っています。

●東洋書芸院  審査同人
●産経国際書会  審査同人
●広島県水墨作家協会  理事
●広島芸術学会 
●中国新聞文化センター 講師
●「ひとふで」主宰

2008年 NYにて個展
2009年パリ 文化イベントに参加 美術館にて揮毫

【 NHK広島 ひるまえ直送便 】放送中
『ひるまえ川柳』で選ばれた特選句を書いています♪

【広島ホームテレビ】
谷原章介がせまる『秀吉が愛した武将茶人』のタイトル文字



⇒お問い合わせ・ご注文はこちらから!
(大小作品、題字、商品ロゴなど何でもおたずね下さいませ!)

こちらでのメールで返信がない場合、お手数ですが、名前花のサイトよりお越しくださいませ。受信されない場合があるようです。




『名前花』 (←HPはこちらから)

あなたの名前の花が咲きます!
お問い合わせの多い『名前花』のHPを作りました!どうぞお越し下さいませ。





>> こんな仕事をやってます!



【これまで】
中国新聞月曜日『洗心』のコーナーに歌人谷村はるかさんの旅に合わせて墨のイラストを描かせていただきました。全50回の掲載。
ご覧いただきありがとうございました。

『ひろしまラジオマップ花』
RCCラジオ開局60周年を記念して始まった『ひろしまラジオマップ』に『名前花』を書かせていただきました♪

最新記事

翻訳

お問い合わせは日本語でお願いいたします。

月別アーカイブ

リンク

QRコード

QRコード

船田玉樹展!

異端にして正統、孤高の画人生。船田玉樹(ふなだ ぎょくじゅ)生誕100年展 開催中。

moblog_62d7575e.jpg


moblog_e1d58961.jpg

油絵でスタートした画人生は速水御舟と小林古径という二人の天才日本画家に師事したことで開花。晩年さらに輝いたとあります。

繊細にして迫力の画が並んでいます。
空気感伝わるもみじの画に引き込まれました。この画だけは想像してたものより小さいものでしたが、存在感が大きいです。


ものすごい作家であったことは一目で伝わりますが、かなり女性にもモテたとご子息である画家でテルミニストの船田寄しん(すみません漢字が出ません)さんから伺ったことがあります。魅力的な方だったんでしょうね。




【 船田玉樹展 】


場所: 広島県立美術館
とき: 2013年1月21日~2月20日 9:00~17:00(金曜日は19:00まで)
入館料:一般1000円(800円)、高・大学生600円(400円)、小・中学生400円(200円)※( )は前売り・団体割引



枝垂れ桜美しいです。

<< 『 酒場のおんな 』 と飲む! | ホーム | 車窓より~尾道! >>


 BLOG TOP