fc2ブログ

プロフィール

Author:terummy
ヤマモトです。書をいろんな形で表現していきたいと思っています。

●東洋書芸院   理事
●産経国際書会  評議員
●広島県水墨作家協会  理事
●広島芸術学会 
●中国新聞文化センター 講師
●「ひとふで」主宰

2008年 NYにて個展
2009年パリ 文化イベントに参加 美術館にて揮毫

【 NHK広島 ひるまえ直送便 】放送中
『ひるまえ川柳』で選ばれた特選句を書いています♪

【広島ホームテレビ】
谷原章介がせまる『秀吉が愛した武将茶人』のタイトル文字



⇒お問い合わせ・ご注文はこちらから!
(大小作品、題字、商品ロゴなど何でもおたずね下さいませ!)

こちらでのメールで返信がない場合、お手数ですが、名前花のサイトよりお越しくださいませ。受信されない場合があるようです。




『名前花』 (←HPはこちらから)

あなたの名前の花が咲きます!
お問い合わせの多い『名前花』のHPを作りました!どうぞお越し下さいませ。








【これまで】
中国新聞月曜日『洗心』のコーナーに歌人谷村はるかさんの旅に合わせて墨のイラストを描かせていただきました。全50回の掲載。
ご覧いただきありがとうございました。

『ひろしまラジオマップ花』
RCCラジオ開局60周年を記念して始まった『ひろしまラジオマップ』に『名前花』を書かせていただきました♪

最新記事

翻訳

お問い合わせは日本語でお願いいたします。

月別アーカイブ

リンク

QRコード

QRコード

吉井和哉ライブ・ライフ!

『39108』あれ・・『1Q84』みたい??まだ売り切れなの??

20090611142427

     ↑
『39108』ツアーの金髪の吉井さんもかっこ良かったけど、今回のツアーは素朴なロックンローラーという感じでまた良かったな~~。

特にオリジナルの歌詞で歌う『恋の花』が深くて重くてシビレタ。

いつも吉井さんのライブは嬉しくてへらへら笑ってるんだけど・・

これは

ちょっと

泣きそうだった。

こんな重たい歌詞に戻れたのは何かが払拭出来たからかしら??

それとも新しい恋??

この曲だけでもあと5回聴けるしあわせ。

新曲ももちろんいいけど吉井さんが言うように『歌が(ライブで)育っていく感じ』がいい。

だから例えイエモンの頃の曲であっても今の吉井さんが歌えばもっと深かったり、力が抜けてたりして新しいんだから、どんどんがんがん歌ってみんなをシアワセにして欲しい。会場の若い人たちもすんごくシアワセそうだった~~。あの満ち足りた顔は街では見かけない。

吉井さんと同じ時代にいて

ホント、よかった。

<< 父の日、横浜ハンズにて! | ホーム | 吉井和哉強化月間! >>


 BLOG TOP