プロフィール

Author:terummy
ヤマモトです。書をいろんな形で表現していきたいと思っています。

●東洋書芸院  審査同人
●産経国際書会  審査同人
●広島県水墨作家協会  理事
●広島芸術学会 
●中国新聞文化センター 講師
●「ひとふで」主宰

2008年 NYにて個展
2009年パリ 文化イベントに参加 美術館にて揮毫

【 NHK広島 ひるまえ直送便 】放送中
『ひるまえ川柳』で選ばれた特選句を書いています♪

【広島ホームテレビ】
谷原章介がせまる『秀吉が愛した武将茶人』のタイトル文字



⇒お問い合わせ・ご注文はこちらから!
(大小作品、題字、商品ロゴなど何でもおたずね下さいませ!)

こちらでのメールで返信がない場合、お手数ですが、名前花のサイトよりお越しくださいませ。受信されない場合があるようです。




『名前花』 (←HPはこちらから)

あなたの名前の花が咲きます!
お問い合わせの多い『名前花』のHPを作りました!どうぞお越し下さいませ。





>> こんな仕事をやってます!



【これまで】
中国新聞月曜日『洗心』のコーナーに歌人谷村はるかさんの旅に合わせて墨のイラストを描かせていただきました。全50回の掲載。
ご覧いただきありがとうございました。

『ひろしまラジオマップ花』
RCCラジオ開局60周年を記念して始まった『ひろしまラジオマップ』に『名前花』を書かせていただきました♪

最新記事

翻訳

お問い合わせは日本語でお願いいたします。

月別アーカイブ

リンク

QRコード

QRコード

満月ですね!

今日が満月ということで筆ぺんのお手本は『月の満ち欠け』を書いてみました。
昨夜からきれいなお月様が出ていましたね。

moblog_ce135095.jpg

新月に始まり、二日月、眉のような三日月になり、上弦の月、十日夜(とおかんや)の月、十三夜、小望月、そして満月。そのあとは少しずつ欠けていきます。
ためらうように出てくる十六夜(いざよい)、17日目は立って待つうちに出る立待月(たちまちづき)、18日目は座って待つくらいの居待月(いまちづき)、19日は寝て待ちます寝待月(ねまちづき)20日は更待月(ふけまちづき)そして下弦の月、有明の月、三十日月(みそかづき)。

moblog_614f010e.jpg

美しい呼び名があるのはそれだけ待ち遠しいことだったんでしょう。

moblog_4be50e91.jpg

もうひとつは10月の呼び方など。
出雲に神様が集まって神無月、出雲は逆で神在月。

個人的にはこれから筆ペンで何か書きたくなる季節のような・・・。

そういえば襖に月の歌を書いたのもこんな夜だったかな。

あの方はどうしていらっしゃいますかね。


<< そうだ京都に行こう! (その4) | ホーム | 幸せの鐘がなる! >>


 BLOG TOP