プロフィール

Author:terummy
ヤマモトです。書をいろんな形で表現していきたいと思っています。

●東洋書芸院  審査同人
●産経国際書会  審査同人
●広島県水墨作家協会  理事
●広島芸術学会 
●中国新聞文化センター 講師
●「ひとふで」主宰

2008年 NYにて個展
2009年パリ 文化イベントに参加 美術館にて揮毫

【 NHK広島 ひるまえ直送便 】放送中
『ひるまえ川柳』で選ばれた特選句を書いています♪

【広島ホームテレビ】
谷原章介がせまる『秀吉が愛した武将茶人』のタイトル文字



⇒お問い合わせ・ご注文はこちらから!
(大小作品、題字、商品ロゴなど何でもおたずね下さいませ!)

こちらでのメールで返信がない場合、お手数ですが、名前花のサイトよりお越しくださいませ。受信されない場合があるようです。




『名前花』 (←HPはこちらから)

あなたの名前の花が咲きます!
お問い合わせの多い『名前花』のHPを作りました!どうぞお越し下さいませ。





>> こんな仕事をやってます!



【これまで】
中国新聞月曜日『洗心』のコーナーに歌人谷村はるかさんの旅に合わせて墨のイラストを描かせていただきました。全50回の掲載。
ご覧いただきありがとうございました。

『ひろしまラジオマップ花』
RCCラジオ開局60周年を記念して始まった『ひろしまラジオマップ』に『名前花』を書かせていただきました♪

最新記事

翻訳

お問い合わせは日本語でお願いいたします。

月別アーカイブ

リンク

QRコード

QRコード

呉のまちへ!

阿賀から宮原にスケッチに出かける。
前回、広駅から呉駅までバスに乗り、その途中に阿賀があったので今回は楽勝、同じコースだと、思って阿賀駅から「呉駅前そごう行き」のバスに飛び乗る。

目の前のトンネルを抜けると思ったバスは手前を左に折れ・・・くねくねと海岸線を走り出した。
これは明らかに乗り間違えた!美しい海岸線、きらめく波頭、遠くに島々。誰かといっしょならバカンスなのに。

小刻みに停車しながら聞いたことがない地名を過ぎる。バスの客は全員お年寄りだった。そのお年寄りも次々に降りていかれる。
最終的には呉駅前に着くのだから心配はないと言い聞かせてもあまりに大回り。停車中、運転手さんに訊いてみる。
「お客さん。間違ってなきゃいいと思ってたんですよ。これは大回りして行くから呉に着くのはかなりかかるよ。」
ああやっぱり・・。

音戸の瀬戸を通る頃はむしろ楽しくなってきてお酒のラベルを書かせていただいた「華鳩」さんが橋の向こうに見えたり、潜水艦見たり、ドックや工場の煙にわくわくしたり。


で、運転手さんが「宮原行くならシキクヒで降りたらいい。」と教えてくれ
初めてきく「シキクヒ」というバス停で降りる。

moblog_6611dcc3.jpg

「子規句碑」だった。耳だけだと暗号のようだ。

moblog_19fb4d9c.jpg

路地を歩くとパラパラと雨が降ってきた。「雨が降ってきたね。」ご婦人に声をかけられる。
今日の第二の課題「宮原」のスケッチをして再びバスに乗り本通りへ。

moblog_835c18c3.jpg
moblog_59e9d7ed.jpg

呉に行くと必ず寄る「いせ屋」も今日はお休み。名物のどんぶりに入ってない「かつどん」は食べられなかった。

moblog_4a2db847.jpg

教えてもらった「モリス」に入る。

moblog_f6237e12.jpg

メニューが中華そばと、中華そば大盛りと、いなりずしと、ゆで卵のみ。
あっさりしただしの中華そばをいただく。これは飲んだあとに食べたいお味です。

moblog_b9165da5.jpgmoblog_e313e220.jpg
moblog_168b3b47.jpg

あまりにも有名な「福住」のフライケーキを買って帰る。
変わらない味にほっとする。呉の本通りって何だか懐かしいものがぎゅっと詰まっている感じがします。

本通りを出る頃はまたいい天気になり晴雨兼用の傘は大活躍。

moblog_2b4c9e9a.jpg

帰って来ると駅で号外が配られていた。

今日はそんな一日でした。


<< あちらのお客様から! | ホーム | 君影草(きみかげそう)! >>


 BLOG TOP