プロフィール

Author:terummy
ヤマモトです。書をいろんな形で表現していきたいと思っています。

●東洋書芸院  審査同人
●産経国際書会  審査同人
●広島県水墨作家協会  理事
●広島芸術学会 
●中国新聞文化センター 講師
●「ひとふで」主宰

2008年 NYにて個展
2009年パリ 文化イベントに参加 美術館にて揮毫

【 NHK広島 ひるまえ直送便 】放送中
『ひるまえ川柳』で選ばれた特選句を書いています♪

【広島ホームテレビ】
谷原章介がせまる『秀吉が愛した武将茶人』のタイトル文字



⇒お問い合わせ・ご注文はこちらから!
(大小作品、題字、商品ロゴなど何でもおたずね下さいませ!)

こちらでのメールで返信がない場合、お手数ですが、名前花のサイトよりお越しくださいませ。受信されない場合があるようです。




『名前花』 (←HPはこちらから)

あなたの名前の花が咲きます!
お問い合わせの多い『名前花』のHPを作りました!どうぞお越し下さいませ。





>> こんな仕事をやってます!



【これまで】
中国新聞月曜日『洗心』のコーナーに歌人谷村はるかさんの旅に合わせて墨のイラストを描かせていただきました。全50回の掲載。
ご覧いただきありがとうございました。

『ひろしまラジオマップ花』
RCCラジオ開局60周年を記念して始まった『ひろしまラジオマップ』に『名前花』を書かせていただきました♪

最新記事

翻訳

お問い合わせは日本語でお願いいたします。

月別アーカイブ

リンク

QRコード

QRコード

夕刊でるたに!

moblog_afc46c41.jpg

「出会いの運」というタイトルで6歳のときに前衛書道家竹澤丹一先生に出会ったことを書かせていただいた。前衛書をご存じない方も多いと思ったのでそれについても少し。ユーモアに溢れ、穏やかで怒られたことは一度もないのにこわい存在の先生。明治生まれの気骨ある態度や言葉がいろんな場面において私を救ってくれた。不勉強で技術面はとても真似できないけれど、言葉の意味は理解しようと心がけていた。大人もこどもも、先生の作品はもちろん、その「語録」に魅了されていたと思う。

出会える数は出会えない数に比べれば圧倒的に少ないけれど、その偶然はとても大切な気がする。
「自分は出会いの運を持っている」と思うだけで、ひょっとしたら何か変わるかもしれない。錯覚でも思い込みでもいい。おまじないのようなもの。これから成長するこどもたちには本物に出会ってほしいと願っている。




「夕刊でるた見たよ。」と連絡が入る。他の方に知らせて下さったり嬉しいことです。

先生に出会い、書に出会ったおかげで、こうしてまたいろんな方と出会えたり、いろんな体験をさせていただいている。600文字では到底書ききれない感謝の気持ちがあります。



<< 離れない。 | ホーム | パチパチパチ! >>


 BLOG TOP